オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

データ

大洪水

先の東日本大震災の前後より、企業では災害対策に必要な事業継続計画の策定が求められてきました。
事業継続計画の中では、特に災害時にきちんとした企業活動を行う前提となる、「社員の安否確認」の方法や、「緊急連絡の体制」、「災害時の行動計画」などをあらかじめ定めておく必要があります。
災害発生時には、通常使えていた携帯電話や物流網も麻痺してしまうため、そのことを想定した内容とする必要があります。
例えば、社員の安否確認や緊急連絡の体制には、災害時に強い固定回線を使う方法を取り決めておくと良いでしょう。
また、安否確認をするデータが保存されるサーバーも、災害時のことを考え設計されたデータセンターを利用し、地域も分散した形で保存しておくことをおすすめします。
また、非常用電源の確保をし、一台は衛星電話を用意しておくべきでしょう。
さらに、災害対策は、実際の事故が発生してからでは遅いので、十分な訓練をする体制を整え、備えて置いて下さい。

確認

災害について大事な事について説明していきます。
日本でも災害というのは比較的高い頻度で起きています。
大きな地震であったり、台風による被害であったり、局地的な豪雨であったりさまざまな事が起きています。
そこでこのような災害のために大事な事に、まずは災害対策があります。
どのようにしたら災害の被害を最小限度に抑える事ができるのかが大事になってきます。
安全な避難場所を事前に決めていたり、地震なら家具を固定したりなどの対策が大事になってきます。
また、津波ならば、大きな堤防を建設する事によって、ある程度被害を食い止める事ができます。
このような災害対策を行っていく事が重要になってきます。
災害対策を行うのか行わないかで大きな違いです。
そして、災害が起こった時には安否確認が非常に重要です。
地震などの災害が起こった時には、家族間同士できちんと安否確認をしていくようにします。
一番大事なのは、人の命になってきます。
また、早めに安否確認をする事によって、次の行動をとる事ができます。
もし、安否確認が取れれば安心できますし、取れなければ救助する必要性もでてきます。
また、安否確認をスムーズにするためには、緊急連絡網をつくっておく必要があります。
もし、災害が発生すれば、すぐに緊急連絡先に電話するようにします。
そうする事で、安否確認が早くなってきます。
緊急連絡網をつくっておく事は重要になってきます。
以上が災害についての大事な事になってきます。